「東北マニファクチュール・ストーリー」に紹介されました!

 

東北マニファクチュール・ストーリー」で、のぞみプロジェクトを取り上げていただきました。

前編後編作り手インタビューの3つで構成されています。

 

 

「たとえば、スタッフのほとんどは主婦なので、こどもが熱を出したり、急に学校の用事が入ったりすることもしばしば。そうしたときに気兼ねなく休めるよう、スタッフ一人ひとりが複数の工程を習得していて、お互いをカバーしています。全体の計画は立てづらいそうですが、その分みんなが柔軟に、臨機応変に動いてくれるようになったとか。」ー物語後編より

 

 

 

「日妻さん:陶器の色や柄・大きさを見ながら、ネックレスにするのかピアスにするのか、どんな形にするのか決めます。陶器の性質は1つ1つ違うので、削りやすさも変わってきます。この感覚は誰に教わるでもなく、それぞれが作業しながら覚えていきました。」ーつくり手インタビューより

 

 

「働いてお給料を稼ぐ場でありながら、学びや成長の場でもあり、仲間に囲まれて自分らしくいられる場でもある。『Nozomi Project』のような職場の存在は、全国の働く女性に希望を与えるのではないでしょうか。」ー物語後編

 

のぞみプロジェクトのように、震災後に東北で始まった手仕事プロジェクトの物語を掲載している「東北マニファクチュール・ストーリー」。商品だけでなく、その背景にある「想い」や「人」を大切にしているサイトです。それぞれのユニークなストーリーが掲載されていて、読んでいてとても面白いです。是非サイトをのぞいてみてください。

のぞみプロジェクト 前編  後編  作り手インタビュー