AYAMI・あやみ

[ 広報ディレクター ]

 

 

海外に住むことに憧れ、シンガポールでの仕事も決まっていた私が石巻に住むことになるなんて、人生色々なことがあっておもしろいなと思います。震災後は復興支援スタッフとして気仙沼に住み、海外からのボランティア受け入れ、運営事務や通訳などを担当していました。被災地と呼ばれる場所で長期的に見てどのような働きが求められているのか、また「支援」のあり方と限界について考えていた時、BE ONEハウスチャーチネットワーク(現、一般社団法人BE ONE)の石巻での働きを知りました。BE ONEは復興支援活動の他、ハウスチャーチ、雇用創出とコミュニティーの場の提供、子どもの遊び場プロジェクトなど、様々な活動を行っており、理念やプロジェクトに共感し、2013年の春、石巻への引っ越しを決めた。NozomiスタッフやBE ONEチームをはじめ、素敵な出会いに恵まれ、今もこうして石巻に住んでいます。結婚、出産、と人生の節目を過ごした石巻は、私にとって第二の故郷です。

 NozomiではPR、マーケティング、通訳、運営補助など色々な仕事にチャレンジする機会があり、とても楽しいです。小さなビジネスではどこもそうかと思いますが、これが自分の担当、これだけをやればいいというより、必要に応じて試行錯誤しながら新しい分野に挑戦しなければならないことが多いと思います。大変ですが、失敗を恐れずに頑張ろうという雰囲気があるので、とてもやりがいがあります。そのおかげで趣味の幅も広がりました!熱しやすく冷めやすいので、一時期はウェブサイトのコーディングにはまったり、色やデザインの勉強をしてみたり。今は一眼レフにはまっています。NozomiのPR写真を撮っているとついつい欲しくなってしまうので要注意です!暖かくなったら、カメラを持って家族で色々な所へ行きたいと思っています。