HIROMI・ひろみ

[ 作り手スタッフ]

 

 

お客さんが喜んでつけてくれている姿をみると、とっても嬉しいです

 

 私の娘とスーさんの娘さんが同じ学年で、お母さん同士話すようになりました。スーさんにNOZOMIで働かない?と声をかけてもらったのがきっかけです。NOZOMIでは作り手の部屋でピアスやネックレスを作っています。ここに来る前は、アクセサリーを作ったことはなかったし、身につける機会もあまりありませんでした。自分たちが作ったアクセサリーをお客様が購入してくださって、喜んでつけてくれている姿をみると、とても嬉しいです。私のオススメの商品はピアスや「あい」ネックレスです。NOZOMIが将来お店を開けたら素敵だなと思います。今はネット販売がメインですが、自分たちのショップを持って、お客さんと一緒に話をしながら直接販売できたらいいなと思います。上の娘が小さい頃からNOZOMIに遊びにきたりして、「自分もママと同じような仕事したい」と言っているので、将来親子で一緒に仕事できればいいなと思います。

あの日のストーリー:

 1時半に下の子を幼稚園に迎えに行って、それから2人で家にいました。地震が起こった時は、ちょうど上の子が学校から帰ってくる時間だったので、揺れがおさまった後心配になって学校へ行きました。子供たちはみんな学校の体育館に集まっていました。家に帰るか迷ったのですが、ある子供のお父さんが「体育館にいた方がいい」と言っていたのでそのまま体育館に残ることにしました。私の妹は、母と息子を迎えに1度家に戻り、2人を連れて学校に戻ってきたその時、津波が来ました。その後数日は体育館で避難生活をおくっていましたが、子供がまだ小さいこともあり母と妹が住んでいた家に戻りました。