This past week we have loved seeing how gospel music has encouraged our Nozomi staff in great ways!  

Over the past twenty years, the genre of gospel music has grown tremendously popular across Japan.  Most Japanese will tell you how much they loved the movie Sister Act when it came out in the theatres, and since then it has popped up in both secular and Christian circles.  

It was a great privilege last week to have Ken Taylor come and share with our Nozomi Project staff.  Ken and his wife Bola have been credited with helping to start the rise in popularity of gospel as they established many gospel choirs across Japan the last twenty years.  

Last year, Nozomi Project partnered with the Taylors in donating to several cancer awareness causes in Japan, particularly as Bola spent her last few months on earth debilitated by cancer.  It was Bola's wish that the proceeds from her memorial concert be given to the Nozomi Project; last week Ken was able to present this amazing generous gift to our staff in an incredibly touching staff meeting.  We are thankful for the Taylor family and how they have used music to bring hope and joy to so many; and for this latest wonderful donation to the Nozomi Project in honor of Bola.

Then this past Saturday, Nozomi Project set up a special sale for a large gospel choir from Osaka (Kansai Gospel Choir) that was visiting and singing in this region. These new friends LOVE Nozomi Project, and we love them!

 They had a great short time shopping, and at the end we were the fortunate recipients of one of their beautiful gospel songs, accapella style. 

For information on how you too can give hope by donating to the Nozomi Project, please visit us here.  

 

「天使にラブソングを」などの映画で日本でもブームとなったゴスペルミュージック。先週はそんなゴスペルの力に励まされた週でした。

火曜日にはゴスペルミュージックを通し愛と喜びを伝えるミニストリーを行っているケン・テイラーさんがNozomiに来てくださりました。ケンさんと妻のボラさんは、日本に来る前はプロのジャズアーティストとしてご活躍されていました。日本では20年もの間、教会とパートナーシップを組みながら各地でゴスペルクワイヤーの指導にご尽力されています。

昨年Nozomiプロジェクトは、テイラーご夫妻の協力のもと10月にがん啓蒙月間を行い、売り上げの一部をがん患者さんと家族のケアを行っている団体に寄付いたしました。がんにおかされながらも、感謝と喜びをもって最後まで生きぬいたボラさんの姿は、多くの人に勇気を与えました。ボラさんは生前、自分が天に召された後メモリアルコンサートを開き、その利益をNozomiに寄付してほしい、と夫のケンさんに話していたそうです。ケンさんがボラさんの意思を継ぎ、Nozomiに寄附をしてくださりました。
テイラー夫妻の愛と勇気の溢れるストーリーにNozomiスタッフ一同、感動し感謝の気持ちでいっぱいでした。

土曜日には、関西からゴスペルクワイヤーの方々が東北ツアーの忙しいスケジュールの合間をぬってNozomiに来てくださいました。昨年からNozomiプロジェクトを応援し、プロジェクトの紹介・商品販売などを行ってくださっているクワイヤーの方々にお会いできるのを楽しみにしていたので、限られた時間ではありましたが、直接お会いできたこと大変感謝しております。
また、お買い求めいただいたNozomiのアクセサリーをツアー中ずっと身につけてくっださったメンバーさんもいらっしゃったと聞き、とても嬉しく励みとなりました。

そして最後にはアカペラでゴスペルを披露してくださいました!力強い歌声と、すばらしいパフォーマンスに鳥肌がたちました。お忙しい中、Nozomiまで足を運んでいただき本当にありがとうございました。

Nozomiプロジェクトは地域や社会に希望をもたらす活動を行っている団体を応援しています。詳しくは社会貢献活動のページをご覧ください。

Nozomiプロジェクトを寄付という形でサポートしてくださる方はこちらのページをご覧ください。