スタッフインタビュー vol.3

壊れたり、不必要となった陶器に、ジュエリーとしての新たな命をふきこむNozomiスタッフ。Nozomiのアトリエはそんな素敵なスタッフの笑い声に溢れています。今回は作り手スタッフのNさんのインタビューです。

   

Q1. アメリカ人と一緒に働いていて、おもしろいと思うことはありますか? 

以前は、アメリカ人に限らず外国の人を見るだけで緊張していました。でも、のりがすごくいいし、会話のテンポもよくておもしろいことがわかりました。去年行った「ビーワンスノーキャンプ」で「ダンス!ダンス!ダンス!」という曲をみんなで歌ったとりもかけ声とかのりがよくて楽しかったです。

Q2. 石巻のどんなところが好きですか?

たまに漂ってくる、海のにおいが好きです。最初は臭いと思っていたのですが、最近になって「石巻だな、海だな」と思うようになってきました。

Q3. 個人的にどのような変化がありましたか?  

のぞみでは子供が小学校で一緒のお母さんたちと働けるので心強いです。会話もあるし、同じ年代なので話しやすいですね。こういった環境なので、私も話すようになりました。


だいきシルバーキーチェーンなら、誰にプレゼントしても喜ばれることまちがいなし!!シンプルかつエレガントなだいきキーチェーンは、普段使いから特別な日まで幅広いシーンでお使いいただけます。だいきキーチャーンはNozomiのメッセージ「希望」を日々の生活の中で思い出させてくれます。
このキーチェーンは、私たちが大好きな男の子の名前が由来です。だいき君は小学校6年生。彼の明るい挨拶は、太陽のようにいつも私たちに元気を与えてくれます。だいき君のお母さんは、ネックレスの作り手としてのぞみで働いています。困難のただ中にあっても、しなやかに生きる彼女。そんな彼女の芯の強さとしなやかさは、私たちの憧れです。