Today Ishinomaki has been rocked by numerous earthquakes that have been centered just north of us - so far we have had about ten quakes since the 6.9 this morning.  A number of our staff have commented how it feels like sea-sickness... the ground is rocking back and forth beneath our feet.  It has been unsettling, literally and figuratively.

We were so encouraged this morning, though, as we started the week with a staff meeting and a chance to share and pray together.  This included welcoming a new staff to the Nozomi Project!  We are so glad that Kumiko is starting, and will be joining our grinding team.  

Also during the meeting, two of our staff were surprised with gifts from the rest of the Nozomi members.  Their families have both recently moved from temporary government housing into new homes recently built since the disaster when their previous homes were washed away.   Many still remain in difficult living situations; it was wonderful to see the Nozomi members share in each others' joys and celebrate in such a special way.  

Coming together in the midst of uncertainty and fear was a great way to start our day. 

震度4、久しぶりの大きな地震。独特な緊張感で1日が始まった石巻。そんなちょっと憂鬱な朝でも、のぞみハウスには愛が流れていました。

 

まずは嬉しいニュース。先週のぞみに見学に来てくれたKさんが、トライアルとしてのぞみで働きはじめました。朝のスタッフミーティングで歓迎&自己紹介タイムをもちました。Kさんは少し緊張気味でしたが、みんな歓迎ムードで彼女を迎えいれている姿に心温まりました。

 

そしてもう1つ心温まる出来事が。スタッフミーティングも終盤にさしかかった時、のぞみスタッフがそわそわしはじめました。どうしたのかな?と思っていたら、サプライズでプレゼントが!のぞみでも、津波で家が倒壊し、仮設住宅や政府が借り上げているアパートで生活をしているスタッフがいます。そのうちの2人のスタッフが、最近やっと新しい家に引っ越すことができました。その引越をお祝いして、スタッフのみんながプレゼントを用意してくれました。引越祝いなんて当たり前、と思うかもしれません。でも、復興住宅の抽選待ちの人、家の修繕が終わった人、家は残っているけど建築禁止区域に指定され、再建できない人、アパートに住んでいる人、家の再建の見通しがたたない人、新しい家を建てた人、みんなそれぞれ違った状況にいます。そんな中でも、仲間の幸せを願う心があること、新しいスタートを一緒にお祝いする心があること、とてもきれいだと思いました。

 

不安と緊張で始まった1日も、みんなと一緒に祈り、笑い、優しさと美しさに感動してリスタートすることができました。素敵なのぞみスタッフとの出逢いに改めて感謝した1日でした。